セットでまとめて買う印鑑

セット印鑑イメージ

印鑑セットはこれからもずっとあり続ける可能性はありますよね。日本人はセット物や限定に凄く弱いですよね。
勿論、私もそのうちの一人です。

今は昔ほど多くは無いと思いますが、お祝いなどで印鑑セットを選びますよね。
印鑑を一本買った時の値段と、二本セットで買った時にどちらが得なのか、誰もが考えますよね。

お祝いで、一本の印鑑を贈るのはちょっと…何となく見栄えが悪いという感じがしますし、何の印鑑にするかも迷ってしまいます。
二本セットだったら実印と銀行印でしょうけど、今はだいたい銀行印と認印を贈っていると思います。

お祝いで、実印貰っても嬉しいのか嬉しくないのかが分かりません。
私は実印を持っていませんので…。実印は所帯を持ってからでも遅くないと思います。

印鑑セットもいろいろありますから、選ぶのも大変ですよね。値段は昔よりは安くなっているような気がします。
高いからいい印鑑で安いから駄目な印鑑ではなく、使う人が印鑑のことを大事に思えば印鑑の価値も上がる気がしますよね。

私が小さい頃は、印鑑セットの角印・銀行印・認印の三本セットを持っている人が沢山いたと聞いたことがあります。
印鑑セットはこれから先もずっとあり続ける可能性は高いですよね。

今は結構、小さい子供の印鑑を作っている親が多いので、子供用の印鑑セットで銀行印と認印のセットを作れば今より絶対売れそうですよね。
子供が好きな印材を自由に選んであげれば絶対喜んで使いますし、いい思い出の品にもなると思います。

ページの先頭へ